生前の整理と終活の違いは何ですか?(Chat GPT シリーズコラム)

今回も「Chat GPT」を利用してのコラムです。
それでは、「生前の整理と終活の違いは何ですか?」を「Chat GPT」を調べると以下の返答でした。

「生前整理」と「終活」は、どちらにしても人生の終わりに向けての準備や計画をする意味のある言葉ですが、とんでもない違いがあります。

生前整理(せいぜんせいり)

これは、生きているうちに自分の生活や物の整理を行うことを言います。
物理的な整理だけでなく、人生の中で様々な面で整理することが含まれます。整理などが含まれます。
生前整理は、健康で元気なうちに行動し、将来の自分や家族が快適に過ごせるようにすることが目的です。

終活(しゅうかつ)
「終活」は、「終活=終末の準備」という言葉から派生しています。
これには、遺言書作成、葬儀や墓地の手配、遺族へのメッセージの残し方、死後の財産分与などが含まれますます。
終活は、自分の死後に残された家族や友人に対して、訴訟な手続きや心のケアを提供することを目的としています。

簡単に言えば、生前整理は生きているうちに自分の生活を整え、終活は自分がやめた後の手続きや遺言などを整理することです。
家族が安心して生活できるようにするための解決です。

以上が、「Chat GPT」の返答でした。
以下は筆者の補足です。

私共の仕事の中で、生前整理の場合、本人が本来望んでいなかった場合も多々ありますので、どちらかというと、本人以外が動く場合が多いイメージがございます。
これは、ご病気で入院され、退院の目途がたたず、ご家族が賃貸物件を退去される際に整理をされる場合や、老人ホームに入る事になり、賃貸物件の退去や、ご自宅の売却に伴い、必要な身の回りの物以外は、全て整理する場合、また一人暮らしのご両親の家の中に物が大量にあるので、健康面や、その後の事を考えて、お子様からの強いご要望で、本人が渋々同意するという場合などです。
逆に「終活」は、ご本人が望まれ、自分が亡くなった際を想定し、遺言書の作成や、死後の財産分与などの為に、整理をすると言う事だと思っております。

また似たような言葉で「断捨離」という言葉がありますが、この場合は、本人が決心され、物を少なくする生活をすると言う意味あいが強いのですが、遺言書の作成や、死後の財産分与等はやらない場合を指すように思います。

こころテラス東海は、経験豊富な遺品整理業者です。
生前整理、終活、断捨離の際に、お客様のお手伝いを、心を込めてさせて頂きます。

また、適法な廃棄と、お客様に寄り添いながら作業を進めます。
見積もりご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください(無料)