特定空き家とは?(Chat GPT シリーズコラム)

今回も「Chat GPT」を利用してのコラムです。
それでは、「特定空き家とは?」を「Chat GPT」を調べると以下の返答でした。

日本において、「特定空き家」は法律的な文脈から定義されています。
特に、2019年に施行された「空き家等対策特別措置法」が、特定の条件を満たす空き家を「特定空き家」として規定しています。

以下は、日本の特定空き家に関する主な条件と定義です。

1)未登録または登記の異なる者が認められる空き家
特定空き家は、土地や建物の所有者が未登録または登記の異なる者が認められる場合を指します。
つまり、所有者が特定できないか、または異なる登記情報がある場合が該当します。

2)1年以上未使用の空き家
特定空き家になるためには、土地や建物が1年以上使用されていない状態が必要です。
この期間内に定期的な利用やメンテナンスが行われていないと、特定空き家とみなされる可能性があります。

2)地方公共団体による指定
特定空き家の認定は地方公共団体によって行われます。
地域の自治体がこれらの条件を基に特定空き家を指定し、その対策を講じることが求められています。

「空き家等対策特別措置法」は、特定空き家の問題に対処し、これを有効に利用したり、再開発したりするための措置を講じる法律です。
これには、特定空き家の所有者への啓発、助成金の交付、税制面での支援などが含まれています。
地域ごとに法律の施行や取り組みが異なるため、詳細な情報は地元の自治体や関連法令を確認することが重要です。

以上が、「Chat GPT」の返答でした。
少し判り難いので、筆者が補足をしてゆきます。

実は、弊社も先日、名古屋市に指名を受け、空き家解体の「強制代執行」の解体工事を致しました。
この案件は、屋根の一部が崩れ、家屋自体も傾いており、隣接する他の家に影響を及ぼす可能性が高い案件でした。
もちろん、何年も使用されず、電気、ガス、水道も使われておりませんでした。

話を戻しましょう。
まず「特定空き家」に対する国のガイドラインでは、以下の4つを定めています。

1)保安上の要件
倒壊などの危険性があり、著しく保安上の危険となる状態。

2)衛生上の要件
ゴミの不法投棄や、ゴミの放置等、いわゆるゴミ屋敷等で、衛生上油外となる状態。

3)景観上の要件
管理されず、著しく景観を損なっている状態。

4)生活環境要件
周辺の生活環境の保全に対して、放置が不適切である状態。

簡単に言えば、周辺に、迷惑や被害を及ぼす状態である事です。
国も2019年に、空き家に対する法律(空き家等対策特別措置法)を整備し、特定空き家を減らし、土地の有効活用や、再開発をするように大きく動いたのです。

では、特定空き家に設定されるとどうなるのか?と言いう点ですが、まずメリットはありません。
自治体が、所有者に「助言・指導」を書面等で行い、これに対応(連絡と行動)が無かった場合、「勧告」となり固定資産税の優遇処置が取り消されるので、6倍の固定資産税を支払う事になります。
これでも、対応しなかった場合は、「強制代執行」として自治体が、解体し、その代金を所有者に請求する事になります。

土地を所有しているが、適切な管理をせず、何年も放置しておくことに全くメリットは無いので、可能な限り土地の売却や、解体をする事をお勧めいたします。

以上が、特定空き家に関するコラムでした。

遺品整理や解体工事のことならこころテラス東海へおまかせください。
名古屋、四日市など愛知・岐阜・三重からの幅広いご依頼をカバー、東海エリアで遺品整理・生前整理・ゴミ屋敷清掃・特殊清掃・解体工事を通じてご依頼者様の心の負担を軽くするお手伝いをさせていただきます。
お見積り無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にご相談ください(無料)