「遺品整理業(ゴミ屋敷清掃業)、不用品回収業、便利屋の違い」

お客様とお話をしていて、よく混同されているのが、先の「遺品整理業」「不用品回収業」「便利屋(なんでも屋)」です。

今回は、この違いについて記述致します。

「不用品回収業について」

まず、不用品回収業者は、家にある不用品を無料で回収する業者であり、その不用品は業者と決めた日にちに、お客様自身が、家の玄関前に出しておく場合が一般的です。
不用品回収業者は、その回収した不用品を屑鉄や資源として売りさばき、利益を上げるのです。
但し、国民生活センターに苦情が多いのもこの業種であり、昔と違い不用品を売りさばくことが困難になってきました。
この理由は、ここ1年前より、プラスティックが多い家電(廃プラ製品)、紙、布などの資源物は、中国の輸入禁止などで、非常に価格が暴落しており、利益が上げ難い状態になっているのです。
また、回収しても売れない物は廃棄する結果となり、廃棄代が必要になってくる事から下手をすれば赤字になる恐れがあるのです。
よって、回収は無料でも、運搬代をトラックに載せた後に高額請求してきたり、色々とトラブルが多くなってきております。
これらから、不用品回収業を利用される場合は、運搬代や搬出代の有無を事前に確認しておくことが大切になってきます。
また、不用品が少ない場合は、各市町村の粗大ゴミ申請をして、廃棄券を購入し、家の前に出して回収してもらう方法の方がお安くつくと思います。(ご利用の場合は、各市町村に粗大ごみの処理についてお問い合わせください)

「便利屋(なんでも屋)さんについて」

遺品整理業や、不用品回収業と重なる部分もありますが、基本的には時間単位で、時給を設定しており、不要物が少ない場合や、ちょっとした整理を手伝ってほしい場合、庭などの草刈りや、自分で引越しする際の手助けや、ちょっとした家屋の修繕の場合に呼んだ方がお得になると思います。
ただ、不用品の廃棄については、廃棄代を当然請求してきますが、廃棄の方法が間違っており「産業廃棄物」や「不法投棄」の場合もあるので要注意です。(一般家庭から出るゴミは、一般廃棄物として処理する事が適法です)
よって便利屋さんは、依頼したい仕事の範囲が狭く小さい場合や、不要物が少ない場合に時間単位で契約して利用されるとお得になると思います。

「遺品整理業(ゴミ屋敷清掃業)について」

遺品整理業者は、必要なモノ(遺品)と、不要な物を分別し、更に不要物の中から買取をして、不要物の量を減らし、結果廃棄代を安くする事が出来ます。
もちろん、必要なモノを捜索し、捜し出すこともしてくれます。
また継続で住まれる場合にトイレ、浴室、キッチン等の個別クリーニングもしてくれます。(一部業者は、実施をしていない場合もあります。)
よって遺品整理業者(ゴミ屋敷清掃業者)は、比較的量が多い場合、つまり分別や処分に時間がかかる場合で、一軒家の中の家財を丸ごと処分する場合や、アパート等の賃貸物件を退去する場合などに利用されたほうがお得になると思います。
また遺品整理業は、適法な廃棄の方法をしっており、各市町村の一般廃棄物運搬業者を紹介出来ますし、その他の合法的な廃棄を提案してくれる業者です。

以上が、「遺品整理業」「不用品回収業」「便利屋(なんでも屋)」についての特徴などです。
まとめますと、不用品の量が少ない場合は、不用品回収業か、便利屋さんに依頼。
不用品の廃棄以外にも仕事を依頼したい場合に、便利屋さんを利用。
一軒家の売却やアパートの退去などで不用品の量が多い場合や、遺品や必要物の分別や捜索が必要な場合や、その住居のトイレ、風呂、キッチン、床などの部分クリーニングをしたい場合に、遺品整理業(ゴミ屋敷清掃業)を利用されると良いと思います。

まずはお気軽にご相談ください(無料)