見積日・作業日までに何をすればよいのか?(お客様にお願いしたい事)

よくお客様より、「見積日までに何をしたら良いのか?」「作業日までに何をすればよいのか?」というご質問を受けることから、今回はこれについて記述を致します。

1)要不要の伝達(見積日までに要不要の区別をしておく)
見積の際、私共の様な業者は、不要物の量と不要物の数で、金額を見積もります。
よって、見積までに必要な物と不要な物の判断を大まかにでもつけて頂いておくことが重要になります。
また見積の際に、必要な物と、不必要な物を、同時にお話しされるお客様がいらっしゃいますが、依頼の根本に「大量の不必要な物を捨てたい」という動機があるので、必要な物(残したい物)だけ教えて頂けると助かります。
また、部屋にある大きな家財で必要な物を、その際に教えください。(小さい物は、家財量にあまり関係ありませんし、取っておきたい物は、ご依頼いただければ作業時に捜索致します。)
私たちの目線で、判らない物はその際に「要不要」をお聞き致します。
これは、必要な物を捨ててしまわないようにする為なのです。
あと、市営住宅などは、退去に際して、風呂桶と、湯沸かし器を撤去する場合があります。
これは入居時にはこれら風呂桶や湯沸かし器が付いておらず、入居者が設置する場合です。
また市営住宅などは、駐車スペースがないので、引越しや退去の際に、どこに車両を止めれるのか?が重要になってきます。
搬出距離が長い場合や、高層階の場合、見積金額が変わるので、こういった場合、見積日までに、事前に管理事務所に確認しておく必要があります。

2)作業日までに必要なモノだけ、取っておいてください。(要不要の判断について)
ご成約を頂き、作業に入る事になった場合、私共のような遺品整理業者が一番嫌がる事は、先にも記述したように、お客様の必要な物を間違って捨ててしまう事です。
よって大きく持ち出せないモノは別にして、直ぐに持ち出せるモノは、可能な限り作業当日までに、持ち出していただくか、部屋に片隅に“必要な物ゾーン”を作っていただき、作業時に私たちが判るようにして下さると大変助かります。
必要な物ゾーンを作るスペースもないくらい大量に物がある場合は、取れにくい付箋紙や、色テープを貼って頂き、指示を下さると大変助かります。
もちろん、モノの中に埋もれて必要だけど、どこに在るのか判らないモノは、捜索致しますので、見積の際にご依頼ください。
また、見積時に伝え忘れた事が有れば、作業日の際に、伝達いただくか、メモでお教えくださると助かります。

3)ゴミ袋に入れなくても大丈夫です。(分別について)
またよくあるのが、必要なモノの仕分けの際に出る、不要物を可燃や不燃のゴミ袋にお客様が分別して入れていらっしゃることが有ります。
これは、分別自体が正しければ問題ないのですが、ほぼ100%間違っており、再度中身を見て、分別し直す必要が発生するので、余計に手間が増えてしまいます。
お客様からすると「いつもうちの市では分別が適当でも、持って行ってくれるよ」と思っていらっしゃいますが、そうではありません。
通常の家の前に出す廃棄の場合(週2回ある可燃の日等)、分別が適当でもゴミ業者様は持って行ってくれますが、遺品整理やゴミ屋敷清掃などの場合、直接一般廃棄物運搬業者(ゴミ業者様)に収集に来てもらう場合や、処分場に廃棄物を持ち込む場合は、ゴミの中身を細かく見られ、分別が間違っている場合は、間違っている袋を返却され廃棄が出来なかったり、最悪の場合は廃棄自体を拒否される場合があるのです。
本来の廃棄は、非常に細かく、市によって違いはありますが、最低でも10品目以上に分別する必要があるのです。
よって、極論を言えば、不要物はゴミ袋に入れず、床にほかっておかれても大丈夫です。
「不要物をゴミ袋に入れないでください」をお願いいたします。

3)見積時と、作業時の廃棄の量が大きく変わる。
断捨離、終活の際に多いのが、見積時に話した内容から変わり、作業時に「これも、これも捨ててもらっていい?」と量が大きく増える事です。
これは断捨離しているうちに、お客様に火がついてしまって、当初の整理の範囲を超えてどんどん廃棄する量が増える場合があります。
少しの量が増えるのであれば、「構いません」と返答いたしますが、廃棄のトラックの積載量を超えてしまったりする場合は、作業量も全く異なる事になる事はもちろん、予定のトラック台数も変わる事から、業者は非常に困ってしまいます。
よって見積前に、整理する範囲をまず考え、費用と相談しながら、見積依頼する事が重要になってきます。

以上が、見積日・作業日までにお客様にお願いしたい事ですが、基本的にはプロに任せるので、必要物だけ判断して取って置き、捜索物を指示し、後は何もしなくても構いません。
実際の作業時に、事前に指示がなく、不用品の中にある物でも作業員が重要だと思われる物が出てきた場合(写真、金銭、重要書類、印鑑、通帳、証券類等)は、一旦取って置き、お客様がいらっしゃった際に、再度要不要のご判断を頂く場合もあるので、ご安心ください。
もちろん、買取品も一旦お見せし、買取時に表をお見せするので、やっぱり売りたくない物(残したい物)を申し出て下されば、お返しいたします。(但し、作業が終了し、ご了承頂き買い取った物を後日お返しする事は出来ません)

こころテラス東海では、見積は無料で行っております。
お気軽にご相談ください。お待ちしております。

*:遺品整理・生前整理の専用サイトがありますので、https://www.cocoroterrace-ihinseiri.com/lp/是非こちらもご覧ください。(URLをクリックすると画面が変わります)

まずはお気軽にご相談ください(無料)