物が多い家にしないための心がけ(断捨離・終活の心がけ)

今回は「物が多い家にしないための心がけ」について書いてゆきます。
仕事柄、物が多いご家庭を沢山見ておりますので、お客様よりアドバイスをくださいというお声が多かったので、幾つかのポイントを記述します。
これらはごく基本的な事で、物が少ない家庭の方は自然に実践できている事です。
ここでのポイントは、自分の行動と、物が少ない家庭の方の行動が違う事を認識してもらう事です。

「物を置くスペース(場所)を決める」
物が多い家は、色々なところに色々な物が置いてあります。
食品、洗剤、生活雑貨、電池、鍵、リモコンなど、全ての物の置くスペース(場所)を決め、それよりはみ出るなら物を買ってはいけません。
増えるばかりですご注意ください。物は最小限でも生活は出来ます。むしろ気持ちが良い生活が出来る事を知りましょう。
面倒でも、モノを使い終わったら、決めたスペース(場所)に必ず戻してください。これが物が多い家にしない第一歩です。

「いつか使うだろうで、モノを買ってはいけません」
いつか使うつもりでも、永遠に使わない物は沢山あります。
その時になって買っても、全く不便はありません。
基本的には、使いたい時に買えばよいのです。
また人から物を貰う時も、直ぐ使うモノじゃない限り、貰ってはいけません。
スーパーや薬局での特売で家に沢山ある物を再度買って「得をした」と思っているのは間違いです。
また特売日はありますし、使い切る寸前で買っても問題はありません。
ましてや、使用期限がある物を大量に賞味期限切れにしてしまっては、尚更無駄です。

「押入れなどの奥にしまい込んである物を見直す」
自分の子供の小さい時の玩具や、絵、服などが眠っていませんか?
その時は、子供に要るのかどうか聞いてください。
ほとんどの子供が、今の自分には必要ないので「要らない」と答えます。
もし「要る」と言ったら子供の家に送ってください。

古い衣類が大量に眠っていませんか?
よく考えて下さい。「いつか着るかもしれない」で何年眠っていますか?
流行も変わっていますし、体のサイズも変わっています。
あなたが恐れている「後悔」をする事はありませんので、捨てましょう。 新しい服を買えばよいのです。

レシートや領収書、振込済みの用紙が大量にありませんか?
個人事業主でもない限り、そんなものは取っておいても何にもなりません。
最低でも1年以上前の物は捨てましょう。

レコードやカードゲーム、カセット、ビデオテープ、フィギュアなどが大量にありませんか?
もう使わなくなってどれだけ経ちますか?
もうまず使うことは無いと一度考えてみてください。
売れるモノは、売ってお金に換えたほうが生産的です。
再度、使うことが有れば買えばよいのです。但し、そんなことはまずないでしょう。

頂いた贈答品が未使用で箱のまま眠っていませんか?
開封せず使っていない物は、自分に必要にない物です。
いつか使うで使っていない物は、これからも使いません。
未使用品なら売れるので、売ってしまいましょう。

使わない過去の趣味の物が大量に眠っていませんか?
その時に、再度始める気が無いのなら、全く必要ありません。
売るか、捨てるかしましょう。

「衣類・寝具は、四季で入れ替えする」
ハンガーにかけっぱなしで、衣類がホコリをかぶっていませんか?
帰宅したら、脱ぎっぱなしにして、衣類の山になっていませんか?
めんどうでも「洗濯する」「たたむ」「しまう」を心がけましょう。
四季で入れ替えをしていれば、買い替える時も判りますし、不要な衣類が溜まる事はありません。

「段ボールや空箱は捨てる」
高級ブランドの箱じゃない限り、箱はすぐに捨ててください。
再度入れてしまう物なんて、ほとんどありません。
物が多い家には、大量に段ボール箱や空箱があります。

「財布をパンパンにしない。また小銭を大切にする」
ゴミ屋敷、汚部屋の方は、ゴミを片付けると床に小銭が散らばっています。
また、財布もポイントカードや、レシートなどが、入っているお札よりも多く、パンパンに物が詰まっています。
こうなると、小銭は入れられないので、小銭の扱いが雑になるのです。
こうならない為には、お札入れと、小銭入れを分けて持つのです。
レシートはすぐに捨ててください。
家計簿をつけているのなら、つけたらすぐにレシートを捨てましょう。(アプリで、写真を撮れば簡単に家計簿が付けられるものもあります。)
ポイントカードも、溜まっていない物や、行く頻度の少ない物は捨てましょう。
可能であれば、お札は顔を揃えて綺麗に入れると尚良いでしょう。
お金は、お金を大切にする人に回って来ます。

「靴は靴箱にしまう」
玄関に靴が出しっぱなしで多いと、幸せになれません。
もちろん、靴の臭いも充満するので、良いことはありません。
靴箱に入れられないほど靴があるのであれば、履かない靴は捨てましょう。

以上ですが、上記の心がけは、最初から出来る人など居ません。
めんどうでも繰り返すことで、それが「普通」になります。
自分で「頑張っているのが疲れる」なんて思わず、癖にするのです。
演じていれば、それがやがて自分になります。
頑張ってください。こころテラスは、そんな皆様を応援をしています。

まずはお気軽にご相談ください(無料)